Q & A

Q: コンサルテーションを受けた後、すぐにレメディがもらえるのですか?

レメディは当日お渡しせず、2、3日中にご自宅に郵送しています。
コンサルテーション後に、あなたに必要なレメディを選ぶために分析をする時間がかかるためです。

ただし、3回以上通われている方でレメディがすでに想定できている場合は当日にお渡しすることもあります。

—————————————————-

Q: ホメオパシー療法を試してみたいのですが、何回くらい通う必要がありますか?

何回通うかは、ご自身の感覚で決めていただいて大丈夫ですが、
通っていただく回数は、あなたが「改善したい症状の深さ」と比例することが多いです。

症状が浅い場合や、エネルギーフィールドにブロックが少ない赤ちゃんや幼児などの場合は、
1、2度かかっていただくだけで改善がみられることが多いです。

抱えている症状(体でも心でも)が深い場合=長年患ってる場合は、
患ってきた期間の10分の1くらいの期間を想定するのがよいです。

私自身の経験でいうと、30年を超えるトラウマが癒されるまでに約2年が必要でした。

コンサルテーションの頻度は、1〜2ヶ月ごとに1回です。
次のコンサルテーションを受けるまでの間は、必要であればメールでフォローをしています。
(2回目以降はずっと同じ料金です)

レースフラワー

 —————————-

Q: 薬を常用している場合もかかることができますか?

できます。
むしろホメオパシー療法を受けるからといって、勝手な判断で薬を止めないでください。
ホメオパシー療法を取り入れることで、免疫力があがり、薬が必要でない状態になったときは、お医者様にご相談ください。
医療とホメオパシー療法は異なるアプローチです。

—————————-

Q: 困っている症状は特にないのですが興味があるので、受けてみたいのですが…

あなたに必要なレメディを探すことはできますので、受けていただいて大丈夫です。
ただし、心身共に健康な状態ならばすぐにレメディを取る必要はないかもしれません。

——————————

Q: レメディは何種類くらいとるのですか?

1度にとるのは1種類のレメディだけです。

アーニカでは「クラシカルホメオパシー」という手法をとっています。
クラシカルホメオパシーというのは、その人に最もマッチするレメディを1種類だけ選び、最小限の強さと最低限の回数で(不必要な刺激を与えないよう)、自然治癒力に働きかけるものです。
ですので、希有なケースを除いて、1度にとるのは1種類のレメディだけです。

—————————————-

Q: ホメオパスと合わなかったらどうしようと思うのですが….

そういうことはあることなので気になさらないで大丈夫です。歯医者さんや美容師さんと同じで、相性や方針が合わないことはあります。
まずはお試しいただかないと判断できないと思いますが、もし途中で他のホメオパスにかかりたいと思われた場合は、変更していただいて構いませんので遠慮せずにおっしゃってください。

 —————————–

Q:  個人的な話をたくさんすると思うので、少し心配です。

ホメオパシーコンサルテーションでは、守秘義務というものがあります。
コンサルテーション中に伺った話を他言することはありませんので、安心してお話しください。
ご家族で別々にかかられる場合でも、コンサルテーションで伺った話を、もう一方の方にすることはありません。
(小さなお子様の場合は必要に応じて保護者の方にお話します)

またホメオパシーのコンサルテーションは、臨床心理のカウンセリングとは異なります。コンサルテーション中に話していただいた内容自体についてホメオパスが諭したり、批判したりすることはありません。
「あなたが何をどう感じているか」ということを知りたくて話を伺っています。
ですので、リラックスして思うままに話していただけると、レメディ選択の助けになります。

 kinmokusei

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以下、Blogに書いたホメオパシー療法に関する記事です。読みたい内容の文章をクリックしてください。

Q: ホメオパシー療法を受けるとなにが起こるか?

Q: あなたのレメディとは?

Q: 自分で自分のレメディを探すことについて

Q:  治るとき (人体にとって自然な治り方について)

Q: ホメオパシーのコンサルテーションについて

Q:ホメオパシー療法の好きなところ