コンサルテーションの流れ

ホメオパスにかかると決めたら、コンサルテーションを受けることになります。
コンサルテーションというのは、あなたのレメディを選ぶために必要なカウンセリングのようなものです。

具体的には、ホメオパスと対面(もしくはスカイプのwebカメラを通して)で、あなたの心身の問題やあなた自身のことについて話をしてもらいます。
多方面のことを伺うので、初回は2時間、2回目以降は1時間くらいの時間がかかります。小さなお子さんだとお母さんにお話を聞きながら、お子さんの様子をみせていただいたりします。
お話ができるお子さん〜小学生くらいまでだと、コンサルテーションの時間は半分くらいになります。

consulroom

具体的な流れ:

1)  e-mailにて、コンサルテーションの希望日時をできたら第3希望まで
お知らせください。
e-mail受信後2日以内に、返信します。(2日まっても返信がない場合は、届いていない可能性がありますので再度送信してください)
*お名前、ご住所、電話番号、主訴(今、困っている症状など)をご記入ください。
*出張やスカイプをご希望の場合はその旨お書きください。

2) コンサルテーション当日
ホメオパスが質問をしますので、それについて自由に話してください。
少し変わった質問などをしますが、あなたのことを理解するための質問です。

なるべくリラックスしてあなたが感じることをそのまま話してもらうことが
ホメオパスの助けになります。コンサルテーションで伺った話や情報をもとにレメディを選びます。
*コンサルテーションの内容はタイプするために録音させていただいておりますが、
内容を外部に出すことはありません。また内容に関して当方は守秘義務がありますので口外はいたしません。

3) 分析とレメディ選択
レメディ選択はコンサルテーションの当日その場で行うわけではありません。
数日ほど分析の時間をかけて慎重にあなたのレメディを選択します。

4) 選択されたレメディを取ります
選択されたレメディを取っていただいてから(経口摂取)1ヶ月後を目安に、なにか変化が起きたかなど再度お話を伺います。ホメオパシー療法ではレメディが合っているのか、レメディの強さ(濃度)があっているか等の判断がとても重要になります。
再度お話を伺う二度目以降のコンサルテーションをフォローアップと呼んでいます。

3回目以降はこのフォローアップの繰り返しとなりますが、フォローアップが何回ぐらい必要かは人によって異なります。

初めてかかろうと思われる方は、少なくとも3回ほど通っていただくのが良いと思います。

 DSC_0035