わたしのこと

わたし:ペルー明子

英国ARH認定ホメオパス MARH No.482
Licensed homeopathic practitionner of ISHL

profil akik

兵庫県姫路市山間部の古い日本家屋に、仏人の夫、高齢出産で授かった息子、猫2匹と暮らしているアラフィフです。(2017年現在 猫は1→2匹となり、”アラフィフ”はいつのまにかオーバーした方のアラウンドになりました…汗)

生まれは長崎、その後東京、ちょこっと欧州、再度東京に長く暮らしましたが、東日本大震災&原発事故後、家族で人生の軌道を修正することに。「いつかやりたい」と漠然と考えていた自然豊かな場所での暮らしを実現し、今に至ります。

ホメオパシーは、長年セルフケアで使用し効果を実感、その後、ISHLというイギリス人が運営するクラシカルホメオパシー学校で本格的に学びました。
(ISHLは英国ARHというホメオパシー国際組織に正式に認定されている学校です)

対面でのコンサルテーションは、姫路市、宍粟市、たつの市、加古川市などを中心に行っています。遠方の方はスカイプでのコンサルテーション、もしくは出張も可能です。

問い合わせ先: customerarnica@gmail.com

 

(ホメオパシーとわたし)

ホメオパシー療法を実践するようになったのは、私自身の出産後の経験からです。

高齢出産した年に私自身がアトピー皮膚炎を患いました。 腕がかゆくてぽりぽりかいているうちに、痒みが止まるどころかどんどん広がっていき、両腕、首、顔まで赤い湿疹ができていきました。

子供の頃から皮膚に問題もなかったので、最初はアトピーという病名が受け入れられず、何故この年で?この私が?と腑に落ちず、これは単なる湿疹よ、こんなのすぐ治る、と処方されたステロイド剤を塗っていました。ステロイド剤に抵抗はありましたが、すぐに治るから、大丈夫と使っていました。

しかし薬を塗ると数日で表面から消えるのに、湿疹がすぐにまた戻ってくる、そして前よりももっと症状がひどくなっている、この繰り返しでした。

一番ひどいときで覚えているのは、旅行に行った先の旅館で仲居さんが部屋に来たので私が扉を開けにいったのですが、その私の腕や顔をみて、その女性がひっと声をだし、後ずさりをしていたことです。

どこからみてもアトピーという以外表現できない様相になっていました。

この頃には病名はもう受け入れていたのですが、早くアトピーを治したくてあせる気持は変わらず、私は今後の治療計画についてそのときかかっていたドクターに尋ねました。

するとその方は「(治療計画というものは)ありませんよ」とはっきりと答えました。症状がでたら薬を塗っていく、それが提供できる治療法だと説明されました。

DSC_0560

私はこの日から自然療法にシフトしていきました。

私が望むのは薬を塗り続けることではなく、完治だったからです。 そしてそれを実現してくれる療法を自分で探さなければと思ったのです。

結局、アトピーは漢方の力なども借りて2年ほどで治りましたが、このときのアトピーという病を受け入れ、それに向き合うことは、振り返れば私の生き方&考え方を見直すためのチャンスでした。

アトピーで苦しんだおかげで、自然療法の中でも私にとって最も納得のいくホメオパシー療法にも出会うことができました。

(この時点では、ホメオパシーはセルフケアで使用したのみ。アトピーはその後軽いぶり返しがあり、ホメオパスにかかった後で軽い再発をし、その後、完治といえる状態までたどり着きました)

その後はホメオパシーをセルフケアで使用して、さらにお気に入りのレメディを個人輸入代行するネットショップを立ち上げたりして(ショップは現在は閉めています)、どんどんホメオパシーと近くなっていきました。

セルフケアで使用できるようになると、自分だけでなく家族の日々の健康をも守れるので、とても便利で、心強いです。

ただホメオパシー療法のダイナミックさを一番に感じたのは、私自身がホメオパスにかかったときでした。激しい頭痛がおさまらずに初めてホメオパスにかかりました。

その時は既にホメオパシーの本格的な勉強を始めていたのですが、セルフケアでは全く効果がなく、CTスキャンを取りに行くくらい頭痛も激しくなっていたので、ホメオパスにお願いすることにしたのです。

ホメオパスによって私のために選ばれた最初のレメディから、その後何度かレメディは変わりましたが、その都度に変化がありました(頭痛は最初のひと月以内に治まりました)。

私を苦しめていたたくさんの古いパターン(考え方、感じ方、体の不調)を認識していき、それらが次々と解放されていきました。古いパターンはあまりにも体と心になじんでいるため、それで苦しんでいても気がつかなかったり、ましてやそれを変化できるなんて思いつかないものです。

中でも私にとって一番大きかった変化は、自分の心のトラウマと向き合ったことでした。 何十年も抱えてきたこのトラウマを墓場まで背負っていくといつのまにか思い込んでいたので、 自分の心の変化が、ただただ不思議でした。

自分がトラウマと向き合うと決めて、そして実際に解放できた体験は、他の方には大げさかもしれませんが私にとってはミラクルでした。この変化は私の自然治癒力が起こしたことです。

それこそ無意識でしたが、深い内側の私は長いこと解放したかったのだなと後でわかりました。

ところで自然療法にシフトした私ですが、現代医学や薬をつかった治療を全く受けないわけではありません。 自分のことや子供を育てながら一通りの病気を経験して私が思ったのは、1つのことにこだわらず起きている症状や状況次第で、自分が適切と思う療法をその都度選択していけばよいということです。

ホメオパシーはとても素晴らしい療法だと思っていますが、それでも万能ではないです。症状や状況や、人によっては、他の療法が適切だったり、向いていたりもします。
選択は自由です。症状や、ご自分の性質や考えに合った療法をみつけたら良いと思います。

世の中には様々な療法があります。
このHPを訪れたあなたも、あなたに合う療法を探しているのだと思います。
Arnicaを読んで、ホメオパシー療法を試してみたいと思った方は、どうぞお気軽にご相談ください。

DSC_0023